Gibson Les Paul Standard 2017 T (1)

憧れの1本、思い切って買っちゃいました!

最新のLes Paul Standard は音もルックスも非常に気に入ってる。年齢的にモダンウェイトリリーフば有り難いし、適度なトラ杢も◎ ^_^

f:id:dogwalker-momose:20180103211439j:image

が、固定観念に縛られてはいけないのだが、やはりココは気になってしまう。

f:id:dogwalker-momose:20180103211551j:image

トグルスイッチのプレートが無い(°▽°)

これにはどうしても慣れない。それと、トグルスイッチが緩んでガタついていたので、小さな決断。そう、専用レンチとGibson純正プレートを購入だ。

f:id:dogwalker-momose:20180103211851j:image

先ずは裏のプレートを開けて、作業中にスイッチが回って断線しないように押さえておく。

f:id:dogwalker-momose:20180103212001j:image

そして、表のナットを外してプレートを入れ、再度専用レンチで締めるだけ。

f:id:dogwalker-momose:20180103212044j:image

OK!(≧∀≦)

f:id:dogwalker-momose:20180103212319j:image

うーん、カッケー!(*゚∀゚*)

やっぱLes Paulはこうでないと!

これでお正月明けの仕事も頑張れるね。更に溺愛。

次はスピードノブにしようかな。ちょっとしたパーツ交換で印象が好みに合ったり、使いやすくなるのも楽しいね。