歪み系(3)

今の歪み系3台の中で、最も驚かされたのはOne ControlのSonic Blue Twanger。

西川進氏がGo! Go! GuitarのYouTube「理想のクリーントーンに近づくエフェクター活用術」の中で紹介しているのを見てピンと来て購入した。どんなアンプでもFenderアンプの音になると言うのだ。

f:id:dogwalker-momose:20180227080206j:image

実際に、例えばクリーントーンで使ってみると、Telecaster のセンターポジションではあのプルンとした響きが強調されるし、Les Paulではフロントの甘さがUPしてJazzy極まりない。抜けの良さも失われず、クリーンでは常時ONである。つまり、今回は歪み系と題しているにも関わらず、今のところクリーン専用に使っている。笑

ノイズも少なく、ルックス良し、3つのノブとフットスイッチが離れていて踏み易い。うーん、お見事。